読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詳しくないけどカメラ(と、文房具)好き

タイトル通り、詳しくはないけどカメラ好きです。文房具も好きなのです。

SONY NEX-6

購入

わーいわーいわーい!

久々にカメラ買っちゃいましたーいやっほぅ☆

 

SONY NEX-6 ボディのみ

マップカメラ(ネットショップ)にて

 

いやー、これ欲しいな欲しいなとはずっと思ってたんです。

レンズも増えたことだし、買い増し用ボディで。

でも現時点(2014年2月末)ボディのみで46,000円、

電動ズーム付きで48,000円くらいのお値段。

レンズ付きがお得はお得だけど、流石に買い増しで50,000円近く

するものはなぁ・・・うーーん。

と、迷うというよりは「欲しいけど買えない」状態で

価格チェックだけもんもんとしてましたw 3ヶ月以上www

 

ところが、先日登録したばかりのマップカメラからのメルマガで

会員限定50台、ボディのみ32,800円!の案内がきたのです。

 

ちょうど夜寝る前にメール見たので一気に目が冴えましたw

さんまんにせんはっぴゃくえん!?嘘でしょ!??

かなりびっくり。

だって価格.comの最安より1万円以上安いんですよ。

 

即買い!?と思ったけど、標準ズームはちょっと欲しかったし

ボディだけ買うのはどうしようかと迷って、一旦眠りにつくことに。

んで、翌朝起きて身支度して仕事に向かいながらも長考。

 

・確かに電動ズームは欲しいけど、標準ズームなら持っている

・今のところ、メインで使いたいレンズはマクロと50mm単焦点

・どうせズームだったらもっと寄れるやつほしい

 

等々の理由を思いつき、こんな激安価格はもう出ないだろう!

α6000も発売になることだし!ということで勢いよくぽちり。

 

2/27のAM中に注文確定して、2/28の夜には受け取りました。

はやーーー!

 

16-18時になってるのに受け取れず、集配所に受取にいきました。

 

マップカメラで初めて注文したんですが、箱がオサレっすね。

 

側面もカメラ柄。これは気分がアガりますな!

 

開けるとエアークッションに包まれております。

 

横も底もエアークッションに包まれていました。

精密機械だから、厳重です。

 

更に箱もぷちぷちにくるまれております。

 

めくりやすいように端が折ってある。最近はこれが主流なのかな?

でも地味に嬉しいポイント

 

うぇーい、でたーーー!ヒャッフー!

レンズ無いせいか、かなり軽く感じます。

 

私としては初のWiFi機能付き。

 

開けてみます。

 

説明書、製品登録方法、アプリ登録案内、保証書、CD

 

説明書等をとりのぞいて

 

本体。

 

充電用コンセント、ストラップ、アイカップ、USBケーブル、電池

 

電池はNEX-C3と同じものだったので充電器流用も出来そうです。やた!

 

ボディは不織布の袋に入ってました。

 

オープン!

きゃーーーーかっこぇぇ!

 

こちらも初めてのファインダー付き。

 

 

 

モードダイヤル。

やっぱりボタンから呼び出すより、ダイヤルがついてる方が便利。

 

ストラップ付けるとこもC3とは違います。

 

ファインダー部。

ここにアイカップ付けます。

てっきり貼り付けるもんだと思ってたら、カチッとはめ込むタイプでした。

 

ON OFFスイッチ、シャッターボタン、Fnボタン。

シャッターの近くにFnあるのは使いやすそう。

 

下部。電池とSDカードはここに。

 

ぶれちゃった。

梨地っぽい質感がかっこいいです。 

 

 

レンズついたままのC3との比較。

こうやってみると大分6の方が大きいけど、重さはそんなに変わらない気がします。

 

手持ちの現役カメラ群。一番右はCOOLPIX P310。

C3の小ささがよく分かりますな。

 

 

発売から一年以上経っているので、今更開封レビューもどうかなーと

思ったのですが、嬉しかったのでやりましたw

 

まだ撮影してないので、これから遊び倒していきます☆

 

 

 

追記

ところでこれ、発売当初はボディのみで92,800円だったようですね。

ひぇぇぇ・・・1/3!?

発売から1年以上経っているとはいえ、ものすごく下がったのですなー。

そう考えると今度発売のα6000は最初からかなりお手頃価格ですね。