読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詳しくないけどカメラ(と、文房具)好き

タイトル通り、詳しくはないけどカメラ好きです。文房具も好きなのです。

2015年 手帳 ~1~ trystrams linklet (野帳ダイアリー)

さぁ!早くも2015年の手帳を購入しましたよ~!

 

trystrams linklet(トライストラムス リンクレット)

通称、野帳ダイアリーです。

野帳ダイアリーで検索してもプレビューは出るかもしれませんが

 ショップはヒットしないかもです。

 

B6変形スリム、32ページです。

今購入したショップ見てみたらもう品切れになってる。

買っといて良かった。

 

紙クロスってのがポイント(個人的に)

ハードカバーの方が持ち歩く手帳としては使いやすいと思う。

現に今現在持ち歩いてる野帳も使いやすい。

そしてやっぱりKOKUYOさん、MADE IN JAPAN!

なにげに電話がフリーダイアルなのも印象良いです。

 

ビニール包装から取り出しました。

真っ赤な表紙に金箔押しの文字が格好いい。

「DIARY 2015」のみのシンプルさもステキ。

 

裏表紙。下部に金箔押しの小さい文字のみ。バランス良いっす。

「proudly made in Japan by trystrams」と記載されてます。

 

まずはめくってみます。

何も無い、無地の紙。

 

内表紙。シンプルー。

 

右上の文字は「匠」と読めますね。実際そうなのかな?

日本製!て感じで良いですね~。

 

2015&2016の年間カレンダー。

 

2015の年間一覧。

結構この部分は毎年活用してるので手帳に付いてないと困る。

 

そして月間ダイアリー。

上下左右に妙な余白は存在せず、左側と下のみにちょっとだけ書き込める

スペースがあります。

 

1~12月の月間ページが終わると2ページだけのメモ欄が。

通常の手帳の様に前年の12月が入ってたり

来年の1月が入ってたりすることも無く、すがすがしい。

メモ帳は野帳を持ち歩くつもりだから別にいらない。

 

最終ページはパーソナルデータ。

ここはいつも適当なとこまで書いてます。

 

そんで裏表紙裏。

こちらも無地。

表紙がシンプルな分、スタンプとか押しまくってもカワイイかも。

 

野帳(と言っても無印野帳)との大きさ比較です。

ちょっとダイアリーの方が大きいですね。これは意外。

てっきり全く同じ大きさかと思ってた。

 

ほらほら。一回りくらい大きい。

 

でも厚みは断然ダイアリーの方が薄いんですよ。

野帳自体も薄いし、2冊持ち歩いても全然苦にならなさそう。

 

だったらもう一冊ノートでも持ち歩こうかしら☆

とか思っちゃうのが文具好きの怖いところですわ。

 

 

後は、ほぼ日のカバーだけ注文中です。

オリジナルサイズはMDノートが丁度入るらしいので

それを入れて使おうかなと。

11月下旬に発送予定だそうなので、届いたらまたレビューします。