読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詳しくないけどカメラ(と、文房具)好き

タイトル通り、詳しくはないけどカメラ好きです。文房具も好きなのです。

趣味の文具箱vo.35 & MonoMax 2015年10月号

購入 万年筆 雑誌

休みなので市内をうろちょろっとしてコーヒー飲んで
あー趣味文新しいの出てるなー、でも遠くの大型書店じゃないと
取り扱い無いから行くのめんどいなーなんて思って
スマホで書店の在庫調べたら、普通に今居る場所から近くの
小さめな書店にありました。行きましたよもう。あるんだもん。

 

f:id:coffeehimawari:20150919234552j:plain

あれ、趣味文以外にもう1冊。

 

残り1冊とか本当にもう罠。

いい加減付録万年筆とかは止めとこう、今回はもうパスしようと思ってたのに
あと1冊しか置いてなかったから一緒に買っちゃったじゃないか。
その分を新たな万年筆購入資金に充てた方が良いんじゃないかと
一瞬だけ本当に一瞬だけ思ったけど
780円で万年筆試せるなら他から捻出すれば良いじゃない。

  

f:id:coffeehimawari:20150919235000j:plain

今回はノート特集。

紙!ノート!万年筆を使う上で重要です。

でも出来ればもっとmaruman用紙に触れてほしかった。

トモエリバーは確かに優秀だけど。

そして表紙が良いです。スーベレーンM600ピンク軸!
可愛いよ、ピンク軸。
M600は好きな太さだしピンク確かに可愛いけど
可愛すぎて多分購入することはないので、表紙の写真で満足しておきます。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235123j:plain

ほいでもって、MonoMaxの付録、

アニエスベーボヤージュプレミアム万年筆2015ver.の入ってる箱。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235135j:plain

ま、チャイナっすよね。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235144j:plain

袋から取り出したら何も印刷等無し。

どうせ中身取り出したら付録の外箱なんてぽいしちゃうから
こんなので必要十分。

むしろもっと小さい箱とかクッション材に包まれてるだけとでも
あり得そうなのに頑張ってくれてます。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235155j:plain

箱を開けると、説明書が一枚。

きちんと不良品対応もしてくれます。

他の方のブログで、不具合があったけど連絡したらすぐに代替え品を送ってくれた
そうで、そういう対応がきちんとしてると安心出来るとこだなぁと。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235206j:plain

ざん。説明書を除けると本体がきちんとガードされて入ってます。

ちゃんと柄がこっち向いてる。ペンの上にあるのはカートリッジ。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235220j:plain

付録に付いてくるナゾの黒インクカートリッジ。

口はヨーロッパ規格のようなので他のを流用してOKですね。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235232j:plain

箱から出しました-。太め。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235245j:plain

袋からも出しました-。つるんとした手触り。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235257j:plain

ボディはブラック&グレーのしましまの上に、アニエスベーのロゴとマークが。

前回のは確かレーザー刻印だったハズだけど、今回のは違うっぽい。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235313j:plain

クリップ部。この辺はシンプルで結構。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235330j:plain

天冠部分も特になにもありません。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235344j:plain

キャップオープーン。

ねじねじ式じゃーないですよ。ぱっちん(嵌合)型ですよ。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235355j:plain

ニブアップ。鉄ペンです、装飾なにも無し。

Mくらいに見えるけど、果たして。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235405j:plain

裏。

付録万年筆にあるあるの、ナゾの記号が。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235415j:plain

軸をくるくると外すと、しろい内側が出現。

完全アルミボディってわけでもないんですね。

 

f:id:coffeehimawari:20150919235428j:plain

ところでヨーロッパ規格ならもちろん手持ちのコンバータを使いたい。

Pelikanのいけるか?と思って並べてみた。

ギリいけそうな気がする。

(ちなみに前回の細軸のアニエスのヤツはアウト)

 

f:id:coffeehimawari:20150919235446j:plain

差し込みはばっちり!ぐらぐらもしません。

 

さぁ、ここから軸部分をはめ込んでいきます。ねじねじねじ・・・。

 

f:id:coffeehimawari:20150920001102j:plain

入ったーーー!入りました!良かった!

これで使い勝手がぐっと良くなるよ。

 

f:id:coffeehimawari:20150920001147j:plain

ところでエーデルシュタインの長いカートリッジもそうしたら大丈夫なのかしら
と思って差してみた。

 

f:id:coffeehimawari:20150920001202j:plain

いける!いけるでー!

コンバータご愛用の方、長めカートリッジ持ち歩き派の方、使えますよ!

 

f:id:coffeehimawari:20150920001345j:plain

今回は9かな・・・?

 

f:id:coffeehimawari:20150920001413j:plain

裏から見て右側、細くない?

 

でもこれ、書く時に右手で持って左側に傾く部分だから
案外良い仕事してくれるやつかもしれない。

 

f:id:coffeehimawari:20150920001527j:plain

一応フローを考慮してエルバンのエンパイア・グリーンを入れてみることに。

 

f:id:coffeehimawari:20150920001606j:plain

エルバンの瓶にあるペントレイとなるくぼみに置いてみたけど
アニエス万年筆、太すぎたw 斜めじゃん。

 

f:id:coffeehimawari:20150920001652j:plain

吸入。エンパイア・グリーン良い色っすよねー。

 

f:id:coffeehimawari:20150920001728j:plain

ペンが書きづらいと速攻でインク抜いちゃうからもったいないと思って
この程度しか入れませんでした。

さっきの780円と言い、変なとこでよく分からん貧乏性を遺憾なく発揮。

 

f:id:coffeehimawari:20150920001838j:plain

トモエリバーに試し書き。

字幅は国産M、洋物Fくらいか。

 

結構すらすらと書けてびっくり。

太くて重みのあるボディとちょうど上手くバランスが取れるのか
書きやすい。キャップは尻軸に付けても付けなくても私の場合は
書きやすかったです。

 

 

f:id:coffeehimawari:20150920002048j:plain

掠れやスキップも特に出ず。

 

これは結構当たりなペンを引いたようで、ラッキーでした。
残り物には福がありましたね。

前のアニエス万年筆も適度な重みがあって好きなんですけど、
いかんせんショートタイプカートリッジしか使えないのが玉に瑕でした。
(おまけにカートリッジ差して、もんで押してもインク中々降りてこないの。
 そんなんしてる内にカートリッジ内のインクが半分近く無くなっちゃったりして)

 

今回のは持ちやすい太さ、適度な重みで書きやすく
見た目もしましまとはいえシックなグレーなので格好いいです。

買って良かった。ありがとう、MonoMax!