読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詳しくないけどカメラ(と、文房具)好き

タイトル通り、詳しくはないけどカメラ好きです。文房具も好きなのです。

日経アソシエ 2015年11月号 付録万年筆&PILOT ペン習字ペン

この時期になると付録に万年筆が
付いてくることが多いですね。
今号は手帳特集を組んでいるのでそのおまけに万年筆、
というのは文具好きの心を十分に鷲掴んでおります。
こないだのアニエスベー万年筆2015ver.で
もう付録万年筆はやめようと思ってたのに
また買っちゃったよ。
楽天の期間限定ポイントのせいだ、そうだそうだ。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232312j:plain

ということで楽天ブックスでポイント400円分使用、
残りはクレジット払いで購入。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232314j:plain

綺麗な青い軸です。ダークブルーらしい。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232315j:plain
アソシエのロゴがクリップに控えめに付いてる。
知らん人が見たら、そういうブランドの万年筆かな?
というような出来。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232313j:plain

梱包が雑、ていうのが今回の付録万年筆で話題ですがw
私は梱包に金かけるくらいなら本体万年筆を
少しでもいいものにしてほしいので
この点は気にならない。どうせ梱包捨てる。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232316j:plain

ペン先はよく見かける感じ。
軸はアニエスベー2015ver.よりは細いです。

無印アルミ万年筆よりは若干太いかな?程度。
適度な重みもあり。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232318j:plain

で、大概このテの万年筆は字幅が太い。
太いっちゅーか、まぁ中字程度なんだけど、
手帳とかに書くには太い。
なら前からやってみたかったニブの交換を
やっちまいましょう!

 

f:id:coffeehimawari:20151020232320j:plain

f:id:coffeehimawari:20151020232321j:plain

変えたいニブを用意。
今回はPILOTのペン習字ペン。こちらEF。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232322j:plain

kakunoやCOCOONのFよりも細いのですよ。
そして魅惑のお値段483円也。(イオン価格)

 

f:id:coffeehimawari:20151020232323j:plain

f:id:coffeehimawari:20151020232324j:plain

左がアソシエ、右がペン習字ペン。
かなり字幅の太さが違うのがわかる。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232326j:plain

まず両方ともペン先をペン軸ごと
引っこ抜きます。ずばっと。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232325j:plain

ラミーの時はペン先だけを引っこ抜きましたが、
今回はペン軸ごといきます。
じゃないと取れないと思う。
掴んで、左右にぐりぐりしながら
ゆっくり抜くとやりやすいかと。

f:id:coffeehimawari:20151020232327j:plain

習字ペンの方が少し広がっているので
ペンチ挟んで少しずつ径をせばめていきます。
ここは慎重になって、一気に小さくさせず
何度もアソシエの方と合わせながら。

 

微調整を繰り返し、ちょうどいい径に
収まるようになってきたら、
ペン軸はアソシエ、ペン先は習字ペンをセットして、
アソシエ軸にぐりぐりっと押し込みます。
きついです。
押し込むときに軸とペンの中央が
ずれないように注意しましょう。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232329j:plain

はい、完成!果たして無事に書けるのか?

f:id:coffeehimawari:20151020232330j:plain

さっそく試したいので珍しく付属のカートリッジを使用。

f:id:coffeehimawari:20151020232331j:plain

しっかし、これが固い!過去にないほど固い。
梱包が雑に続いて話題をかっさらうのがカートリッジのこの固さw

 

f:id:coffeehimawari:20151020232332j:plain

カートリッジを床に押し当て、体重かけて何とか押し込む。

キャップを付けて、ペン先を少し下に向くように置いておき
インクが下りてくるのをしばし待ちます。

さて、どうか。

 

f:id:coffeehimawari:20151020232334j:plain

書けました!しかもいい感じ!
この細さなら手帳にもちろんOK。
ペン先もさすがのPILOT、ちゃんとインクが下りてきてからは
掠れやスキップもありません。やっほー、Made in Japan!

今回の付録万年筆はアソシエさんの狙い通り、手帳で使用しようと思います。
ただキャップを外した後、尻軸にさすのがさしにくい。
しかもバランスを後ろにもっていかれる感じがする。
後ろにささずに書くのが良いかな。

後はエーデルシュタインの長いカートリッジが入るか、
コンバーターはどうか調べてみないといけませんな。

f:id:coffeehimawari:20151020232335j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

ペン先のいなくなったペン習字ペン。
なんか、ごめんね。。。

f:id:coffeehimawari:20151020232333j:plain

いちおうこちらも取っておきます。